<< 夢と動揺の間。     他人のそら似。 >>